WordPressを始めるときに、まず悩むのが「テーマ選び」かと思います。

  • 「お金かけたくないから無料テーマが良いな」
  • 「でも無料テーマって有料テーマより機能が劣る?」
  • 「SEO対策ができているテーマが良いな」

そう思っている方に、今回は無料テーマの「Luxeritas(ルクセリタス)」を紹介しています。

WordPressテーマ『Luxeritas』の概要

無料テーマというと機能面で有料テーマに劣るというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、Luxeritasは、

  • SEOの最適化
  • レスポンシブデザイン
  • 高カスタマイズ
  • 高速

などのメリットを打ち出していて、無料の中でも人気のテーマです。

使い方次第では、有料テーマより必要な機能がそろっているともいえ、WordPressを今から始めるという初心者には下手な有料テーマ使うよりもおすすめできます。

無料テーマだとどうしても有料テーマに機能の面で劣ってしまうところもありますが、Luxeritasだと有料テーマに負けない様々な機能を持っています。

特に内部SEOについてはルクセリタスは無料の中で最強と言っても良いくらいです。

WordPressテーマ『Luxeritas』の特徴

高速

高速

Luxeritasの一番の特徴は『表示スピードの速い』です。

サイトスピードを測るページとして「Page Speed Isights」が定番ですが、そこでも高得点を出すことが多いです。

Googleが各ページの検索順位を判断するときに、「表示スピード」が順位に直結するわけではありませんが、表示スピードが遅いとユーザーが離脱することが多くなります。

そうなると、「途中離脱が多いから質の悪いページ」と捉えられて結果検索順位が下がるなんてこともあります。

SEO対策においてページの表示スピードも重要な要素の一つなのです。

Genesis Frameworkの良いところだけを抽出していて、コードが最適である

実は海外には『Gnesis Framework』というWordPressのテーマが存在し、世界で一番使われている有料テーマです。

さらにGoogleの検索エンジンの開発にも関わっていたマット・カッツ氏が個人ブログで使っているというのもあり海外ではよく使われているWordPressのテーマです。

Luxeritasは、Gnesis FrameworkのSEOに強い部分だけを取り入れることでSEOに強い仕組みを構築しています

そのためLuxeritas自体が、すでにSEO対策がある程度できているテーマになっています。

無料テーマでSEO対策ができているテーマはそんなに多くないので、SEO対策ができている無料テーマとしてはLuxeritasが良いですね。

AMP

スマホ

Luxeritasは、AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応しています

AMPはモバイルでページを高速表示させる仕組みのことで、AMPを取り入れることでページの表示速度が上がり、SEO対策としてもプラスになります。

通常、AMPを導入すると高速化のためにページのデザインが極端にシンプルになるため、Googleアドセンスの広告が消えたり、デザインが崩れたりすることもありますが、Luxeritasの場合はそのデメリットがなく、AMPをに設定してもデザインが変わらないですみます。

AMPを設定・無効化もテーマ内のカスタマイズで可能です

(ダッシュボード⇒Luxeritas⇒カスタマイズ⇒AMP)

AMP

AMPはテーマによっては、プラグインを導入するなどしなければいけないため、テーマにAMPが標準装備されてる点は魅力的です。

有用テーマでもAMPに元々対応しているテーマは意外と多くないですからね。

PWA

PWA(Progressive Web Apps、プログレッシブウェブアプリ)とは、特定のwebサイトをアプリみたく手軽にアクセスできるようにする仕組みのことです。

PWAができることによって、スマホでウェブサイトにアクセスしやすくなるというメリットがあります。

パソコンなら気に入ったページをすぐに「ブックマーク」しますが、スマホの場合はパソコンのようにブックマークすることは少ない傾向にあります。

PWAの機能はテーマによってはプラグインなど使う必要がありますが、Luxeritasなら元々備わっています。

『ダッシュボード⇒Luxeritas⇒カスタマイズ』に飛ぶと、PWAの項目があるのでそこで設定ができます。

PWA

有効化自体はチェックを入れるだけでできますが、サイトがSSL化されていることが必須なので、サイトがSSL化されてない場合は、まずはそちらを優先しましょう。

ちなみにPWAが導入されているページは、下の画像のように画面下に「ホーム画面に追加」と出てきます。

ホーム画面に追加

追加すればホーム画面にアプリと同じようにアイコンとなって出てきます。

ホームアイコン

特に多くのブログでは、スマホからのアクセスが大半なので、スマホ向けの施策として有効ですね。

内部SEOの最適化

内部SEOは、

  • タイトルタグ
  • メタディスクリプション
  • 見出しタグ
  • alt属性
  • XMLサイトマップ

など多くの要素があります。

被リンクをもらうことなどをは外部SEOと呼ばれますが、内部SEOはこのようにサイト内部に関することですね。

この内部SEOができているかはテーマによってきて、特に無料テーマだと内部SEOが不十分な場合もありますが、Luxeritasであれば内部SEOの最適化は万全です。

構造化データ

構造化データとは、HTML等に追加することで、コンテンツにあるデータをよりGoogleにわかりやすくするための手法で、現在ではSchema.orgを使用して通知することを指します。

構造化データを設定することで、googleにおいてはリッチスニペットと呼ばれるSerpsでの表示方法が変更されるメリットがあります。

構造化データ サクラサクラボ

構造化データは個人ブログよりは主に企業や法人、自営業向けな機能ですが、構造化データを活用することで、

  • リッチスニペットが表示される
  • 強調スニペットが表示される

というメリットがあります。

リッチスニペットは、ユーザーが検索画面に出てきたページのうちどれをクリックするかを判断を助けるために、ページ内の画像を表示したり、商品があれば価格や評価(口コミ)なども一緒に表示する仕組み。

そのサイトで発信している内容がよりわかりやすく表示されます。

強調スニペットについては、検索結果の一番上に出てくるもので、特定のページの抜粋を表示します。

強調スニペット

構造化データの設定は、「ダッシュボード⇒Luxeritas⇒カスタマイズ」から設定できます。

デザインファイルが豊富

Luxeritasにはデザインファイルと呼ばれる機能があり、サイトの色合いなどの見た目を変えることができます

他のテーマの場合、色のコードを入力する必要があると細かい色合いを決めるのが少し大変ですが、デザインファイルを使うと、インストール、新規追加をするだけですぐにサイトを見た目を変えることができます

コードを使わないぶん、手軽で良いですね。

デザインファイルのデータはLuxeritasの公式サイトからダウンロードが無料でできます。

シンプルデザイン
シンプルな印象ですね。

ブルーデザイン
メニューが青色になりましたね。色違いでピンクや緑のバージョンもあります

Luxeritas Blockの位置
黒を基調としたデザイン。だいぶ雰囲気が変わりますね。

まだまだ他にも種類はありますが、他のテーマと違ってCSなどをいじらなくても、選択するだけでここまでデザインや雰囲気を変えることができます。

自分の好みのものを使ってみましょう。

Luxeritas BlockでGutenbergでも安心

ルクセリタスのGutenberg(ブロックエディタ)では、ルクセリタス独自の機能を使うこともできます。

編集画面の左上に、「Luxeritas Blocks」という項目があり、そこで様々な機能やスタイルを記事に追加することができます。

ルクセリタスBlock

ここから投稿に様々な装飾を加えることができます。

主な機能で言うと、

  • 枠線ブロック
  • 紹介文
  • 吹き出し

などがあります。

枠線ブロックについては、枠の色はもちろん記事編集の右側で枠の太さや角を丸くしたりできます。

枠線

紹介文も記事中に入れようとすると、テーマに備わってなかったりプラグインが必要になりますが、これもすぐにできます。

名前に画像、紹介文といずれも簡単に入力できます。

枠線

会話調にしたいときの使われる吹き出しもプラグインに頼らなくても挿入できます。

こちらも紹介文と同じ要領でそのまま画像を入れたり、入力したりできます。

会話風

有料テーマでもこれらの機能がテーマに元々備わっているのは意外と多くありません。

有料テーマを使っている身からしても、羨ましいと思うくらいです。

カスタマイズの数が豊富

カスタマイズは様々な個所が可能で、手軽にカスタマイズをすることができます。

「外観→ウイジェット」と「外観→カスタマイズ」からカスタマイズができますが、カスタマイズできる箇所が豊富にあります。

ウィジェット
外観のカスタマイズ

公式サイトによると『約64種600項目以上』のカスタマイズができるということで、テーマによっては有料テーマよりカスタマイズの数が豊富なんてこともあります。

Luxeritasはデザインが良くも悪くもシンプルですが、カスタマイズ次第ではある程度凝ったデザインにすることも可能です。

高齢者や、障害者にも優しい

Luxeritasではrole属性というものを追加することができます。

role属性は、「サイトのバリアフリー化」とも呼ばれていて、たとえば目の不自由な人に向けて音声読み上げテストなどを用いて情報を提供することを可能にしています。

本来であれば、HTMLタグの設定などが必要になりますが、Luxeritasだとチェックを入れるだけで設定できるのでお手軽ですね。

そのため、Luxeritasでは高齢者や障害のある人にも優しいコンテンツ作りが可能です。

WordPressテーマ『Luxeritas』の総評

向いている人
向いていない人
  • サイトの表示スピードにこだわりたい
  • 無料テーマでSEO対策もできているテーマが欲しい
  • シンプルなデザインが良い
  • 凝ったデザインのサイトにしたい
  • デザインの良いテーマが欲しい
  • 多機能を使いこなすのが面倒に感じる

無料テーマとしては、『高速』『SEO対策』はトップクラスに優れています。

一方でデザインがシンプルすぎる点は課題ですが、HTMLタグなどを使える人はタグを駆使することでデザインを整えることもできますし、デザインの細かいところは個人の好みになってきます。

無料テーマだと機能が優れているテーマがあれば、良くないテーマもあるので上手く選ばなければいけません。

そんな中で、LuxeritasはSEO対策の面やカスタマイズできる箇所が多く、無料テーマとして機能面は非常に優れていると言えます。

「無料テーマで手軽にブログをやりたいけど、機能面が不安…」

そんな方は、機能が充実しているLuxeritasをオススメします。

他にもWordPressテーマに関しての情報をまとめたので、ぜひご覧ください。