この記事はこんな人にオススメ
  • WordPressを完全に無料で運営したい方
  • Luxeritas(ルクセリタス)を検討中の方
  • SEO対策を完璧にしたい方
ぱそらっく
ぱそらっく

無料のWordPressテーマで、すごいのほしいんや〜!

ソルティー
ソルティー

すごいのって(笑)。
例えばどんなことしたいんですか?

ぱそらっく
ぱそらっく

まぁ〜、せやなぁ。
どうせ書くなら1位になりたいから、これヤバイなって思うくらいSEO対策できてるやつがエエな〜。

そんな夢のようなテーマがあればなぁ。

ソルティー
ソルティー

ありますよ。Luxeritas(ルクセリタス)ってテーマですね。
しかも無料です。

ぱそらっく
ぱそらっく

ファッ!?ホンマにそんなテーマがあるんか!?

ソルティー
ソルティー

クセ強いかもしれないですが、現在のテーマの中ではSEO対策だけで言ったら一番ですね。

ぱそらっく
ぱそらっく

おぉー、ぜひ教えて欲しいねん!よろしく頼むわ!

WordPressでコンテンツを作る…つまり、それはコンテンツを検索順位1位にしていきたいと考えているからかと思います。

しかし、『1位』になるには当然コンテンツの質だけではなく、しっかりSEO対策ができているテーマを選ばなければいけません。

そのテーマの中でも一番SEO対策ができているのが『Luxeritas(ルクセリタス)』です。LuxeritasはSEO対策がバッチリなだけでなく、圧倒的な速さも持つ無料テーマです。

この記事では、そんなLuxeritasの魅力と特徴、メリット・デメリット、周りからの評判、他のテーマとの比較などを詳しく紹介していきます。

Luxeritasが気になっている方や、他のテーマと比較したい方は、ぜひご覧ください。

総評:SEO対策にこだわるならオススメ

結論から言うと、LuxeritasはSEO対策にこだわる方はピッタリのテーマだと感じます。

ソルティー
ソルティー

とにかく内部SEO対策がすごい!

ブログを始める方は「1位になってやる!」と思っていることでしょう。この検索順位にこだわった設計になっており、SEO対策に対する設定が盛り沢山!

特にHTMLの構文エラーなどはほとんどなく、Googleクローラーがとても理解しやすい内容になっています。

高速化も期待でき、その名の通り、光の速さを体感できるでしょう。

その分、クセも強く、扱うには慣れだけでなく知識が必要なテーマです。しかし、「絶対1位になる!」と思っている方なら絶対に応えてくれるテーマでしょう。

ソルティー
ソルティー

ここまでSEO対策にこだわっているテーマは他にありません。

Luxeritas(ルクセリタス)とは

Luxeritas(ルクセリタス)とは、ラテン語の Lux(光)と Celeritas(速)を組み合わせた名前を付けられた、非常に高速で、SEO対策に優れた無料テーマです。

テーマ名WordPressテーマ Luxeritas
販売価格無料
開発るな
動作必須環境PHP 5.6 以上
WordPress 4.4 以上
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari (各最新版)
ライセンスGPL100%(複数サイトで利用可能)

テーマに対しての開発ポリシーがあり、あらゆる妥協を許していません

  1. 他のテーマに移行した場合に DB にゴミを残さない
  2. 他のテーマに移行した場合にもなるべく見た目を崩さない(移行先テーマにもよる)
  3. 特定のプラグインに依存する機能をつけない
  4. 特定のサーバー環境に依存する機能をつけない
  5. セキュリティに穴を空けるような機能をつけない
  6. CSS や Javascript の容量は必要最低限に抑える
  7. HTML の文法エラーは出さない
  8. 構造化データエラーを発生させない
  9. なるべく Notice も出さないようにする(バージョンによって完全ではないこともある)
Luxeritas Theme の開発ポリシー – Luxeritas Theme公式サイト

そのこだわりっぷりは、有料テーマを凌ぎ、実質、日本国内のWordPressテーマで一番SEO対策されているテーマと言っても過言ではないでしょう。

ソルティー
ソルティー

職人というか、変人というか…、とにかくそのこだわりっぷりに根強いファンがいる印象です。

Luxeritasのメリット

では、ここからはCocoonが一体どんな点に優れているのか?を紹介していきます。

具体的な検証内容は以下の通り。これは有料・無料を差別せず検証します。

1
サイトデザインの即時性と拡張性

サイトデザインは自分が作りたいイメージを反映できるかが重要です。その上で、そのサイトデザインをすぐ作れるか?また、どのくらい自由に拡張できるか?はブログ初心者にとっては重要な指標です。

コードの追加など、専門的な技術を必要とする場合は減点します。

2
見やすいコンテンツが作れるかどうか

サイトデザインの中でも、自分が作りたいと思う投稿を作れるか?はコンテンツの質そのものに関わります
最近では、ブロックエディタが基本になり、自由自在なコンテンツを作るために必要なテーマ独自のブロックがあると見栄えもよく、見やすくなります。

ちなみにブロックエディタに対応していないテーマは、もはや時代遅れなので大きく減点します。

3
サイトスピード

いくらデザインが良くても遅くては意味がありません。最近のGoogle評価ではページエクスペリエンスや、ウェブに関する主な指標(Core Web Vitals)が重要になりました。

つまり、見栄えがよくても、内部的にレイアウトが崩れていると判断されたり、表示スピードが遅いと判断されると、検索順位に大きな影響を与えてしまうため、その場合は減点します。

4
SEO対策

WordPressを使う方の多くは検索順位1位を狙っています。1位になれるか?ではなく、1位になりやすいか?というのは内部的な施策が大きく影響します。しかし、自分では変更しづらい箇所なため、開発者の腕が試される部分です。

HTML5準拠でW3Cの文法エラーがない、構造化マークアップができている、SEOに関する設定ができるなどを評価します。

5
サポート

いくら性能・機能が良くても、使い方が分からないのでは意味がありません。全員がITが得意な人ばかりではないため、マニュアルが充実しているか?サポートは素早く対応してくれるのか?は非常に大切な要素となります。

この検証結果を踏まえた上で、良いと思った点はこちらです。

では、この内容を詳しく紹介していきます!

早すぎる表示速度

Luxeritas(ルクセリタス)は驚くほど高速な動作を実現するのがメリット。

他のテーマでは、「高速だ!」と言われていても大体90点(緑色になる)くらいの速度で、100点にするにはかなりの工夫が必要です。これは有料テーマであっても例外ではありません。

しかし、Luxeritasは元々が非常に早い上に、高速化設定も『推奨』、『より高速』、『極限』の三段階あるという魔改造っぷり。

試しに推奨設定にしたらPage Speed Insightくらいであれば、あっさりとほぼすべての項目で100点を取れてしまいました

診断結果も警告すらほとんど出ない状態なので、そのこだわりのヤバさが伺えます。

他のテーマの追随を許さないほど早いのがLuxeritasというテーマです。

ソルティー
ソルティー

圧倒的過ぎて他のテーマでは比較にならない!あの高速にこだわっているSWELLよりも早いですね。

万全のSEO対策

Luxeritas(ルクセリタス)にはこれでもかというくらい内部SEO対策が施されています。

他のテーマでは『SEOに強い』、『SEO対策がバッチリ』と言われていても文法エラーくらいはあるもので、完璧と言えるテーマは全世界見渡してもほぼありません。実際にはコンテンツの内容が重視され、ある程度できていれば検索1位にはなれるため、大して取り沙汰されないのが一般的です。

しかし、Luxeritas(ルクセリタス)はその辺りの妥協を一切許していません。

  1. html5 の仕様に準じた適切な文法。
  2. header、footer、main、セクショニング・コンテンツ (nav、section、article、aside) 等の適切な配置。
  3. W3C の HTML 文法チェッカーで ERROR や WARNING を発生させない。
  4. Google Webmasters で構造化データエラーを発生させない。
  5. Google PageSpeed Insights のユーザーエクスペリエンスで問題を発生させない。
  6. H1~H6 タグの適切な配置による美しいアウトライン。
  7. 選べるタイトル形式。
  8. ディスクリプションの自動・手動挿入。
  9. プラグインを使用せずにヘッダーに canonical 付与。
  10. 重要なページ以外(月別アーカイブ等)は、検索エンジンにインデクスさせない。
SEO最適化に関する取り組み – Luxeritas theme公式サイトより

文法エラーは決して許さず、検索エンジンが嫌う要素となる箇所はつくらないという徹底ぶり。

ここまでこだわるのは、『Gnesis Framework』という有料テーマに対抗して作られたからです。

ぶっちゃけ、昨今の内部 SEO は、

  1. html5 のセクショニング
  2. 構造化データ

この2つが適切かどうかが最大のテーマと言っても良い。

Genesis は、この構造化データがしっかりしている。だから SEO で強い。

先述したように、Luxeritas Theme は、この Genesis に対抗すべく作ったテーマである。

なので、SEO 関連以外にデフォルトの見た目も、なんとなく似ているw

ちなみに、Luxeritas は、SEO に関しては Genesis と同格である自信がある。
なぜなら Genesis の SEO を解析して良いトコ取りをしているからw

速度面では、HTTP リクエスト数などの面で、おそらく Luxeritas の方が速い。
PHP の内部的な速度でも、たぶん Luxeritas の方が速い。

Luxeritas 開発者がオススメする有料 WordPress テーマ – Thought is free(開発者のブログ)

Gnesis FrameworkはGoogle検索エンジン開発に携わっていたマット・カッツ氏の個人ブログに使用されているので参考になる部分がいっぱい。

Luxeritasは、Gnesis FrameworkのSEOに強い部分だけを取り入れることでSEOに強い仕組みを構築しています

ソルティー
ソルティー

ここまでのこだわりは有料テーマでは持てないでしょうね。職人というか、研究者というか、ヤバさが垣間見えます。

構造化データもバッチリ

Luxeritas(ルクセリタス)は構造化データもほぼすべてのデータに対して記述されています。

構造化データとは?(クリックして詳細を表示する)

他のテーマでは構造化に関して記述をしていないものも多く、初心者では理解しづらい部分でもあり、多くの人が見逃しがちな設定です。

しかし、Luxeritasでは意識させないように組み込まれており、設定をしていけば自然にほぼ全ての構造化が完了するようになっています。

他にも設定で運営者情報や、著者情報を組み込むことも可能です。

ソルティー
ソルティー

構造化もできているので、検索エンジン対策はバッチリですね!

パターン登録でラクに書ける

Luxeritasではブロックパターン、HTML定型文、ショートコードの3つのパターン登録が用意されています。

一般的なテーマではこの辺りを専用ブロックとして作っていますが、Luxeritasでは自由に作成し、あらゆる場所から操作・設定できるようにしています。

他のテーマではブロックパターンを登録できるものは少ないため、珍しい機能と言えますね。

公式サイトではブロックパターンをjsonファイルで提供しているので、すぐ使えるようになるのも便利ですね。

こだわりのHTMLサイトマップ作成

LuxeritasではHTMLサイトマップが10秒で作成できます。

他のテーマでは基本的に用意されていないため、HTMLサイトマップをプラグインを使って作成することになります。

ルクセリタスはテンプレートでサイトマップを選ぶだけで、分かりやすいHTMLサイトマップが一瞬で完成

ルクセリタス サイトマップ
シンプルだけど、分かりやすいサイトマップ画面だ。
注意

簡単に作れる反面、除外ページの設定はできず、日付を消したり、デザインを変える場合はCSSでカスタマイズをしないといけないのは注意。

ソルティー
ソルティー

分かりやすいサイトマップがあれば、ユーザーは探す時に便利ですね。

3カラムページデザインが可能

Luxeritasでは3カラムのページ表示が可能です。

他のテーマでは2カラムのデザインまでが一般的で、3カラムはほとんどのテーマが開発していないのです。

これは動作チェック項目や、設定が大幅に増えて労力が大きいからが理由だそうですが、Luxeritasでは3カラムを実現し、しかも、ページ毎に違うカラムを設定できるなど柔軟に対応しています。

ソルティー
ソルティー

大手のニュースサイトは3カラム構成になることが多いので、ニュースサイトを作りたい場合は向いているかもしれませんね。

AMP機能がある

Luxeritasは、AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応しています。

AMPとは?(クリックして詳細を表示する)

実は現在、AMPを設定できるテーマはほとんどありません。なぜなら、AMPだとGoogleに認識されるには高度な技術が必要で、尚且つ表示を保ったままAMPにするには並大抵の努力では実現できないからです。

注意

さらに2021年にGoogleのAMP優遇処置は終了したため、AMPの人気は下がり、開発する人も少なくなりました。

しかし、Luxeritasはとことん高速化にはこだわっているため、AMPの機能を実装しています。

有効化するプラグインを選択できたり、コメントのON・OFFなど、通常のAMPプラグインよりも多くの設定が可能です。

PWA機能がある

LuxeritasはPWA(Progressive Web Apps)機能が搭載されており、モバイルユーザーにも快適な体験を提供しています。

PWAとは?(クリックして詳細を表示する)

AMP以上に見かけない機能なので、PWAを実装しているテーマはほとんどありません。

そのため、PWAの機能はプラグインなど使って実装するのが一般的ですが、LuxeritasはPWAを簡単に実装できます。

注意

有効化自体はチェックを入れるだけでできますが、サイトがSSL化されていることが必須なので、サイトがSSL化されてない場合は、まずはそちらを優先しましょう。

PWAはパソコンだと、インストールすると、アプリのように立ち上がります。

スマートフォンでは、画面下にボタンが表示され、アプリのように使用できます。

ソルティー
ソルティー

SEO対策にこそなりませんが、ユーザー体験を重視する場合は面白い機能でしょう。

role属性を追加できる

Luxeritasではrole属性というものを追加することができます。

role属性とは?

他ではrole属性を付与しているテーマを見たことがありません。これは直接SEOに関係がなく、見た目が変わるわけでもないため、支障がないと思われているためです。

しかし、role属性は、「サイトのバリアフリー化」とも呼ばれていて、たとえば目の不自由な人に向けて音声読み上げなどを用いて情報を提供することが可能になります。これにより、高齢者・障害者にも優しくなり、アクセシビリティが大きく向上するでしょう。

Luxeritasのデメリット

ここからはLuxeritasのイマイチだと思う点を紹介します。

高速化・SEOで圧倒的優位に立っていたLuxeritasですが、不満はいくつかあります。

では、この辺りを詳しく解説していきます。

開発元表示を消すのは有料

Luxeritasを使用する際、フッターに表示される開発元の表示を消すには有料のオプションが必要です。

他のテーマでは開発元表示を非表示にするオプションが付いていたり、検索で情報を探し出して非表示にするのは比較的簡単です。

しかし、Luxeritasはその内部構造の複雑さから単純に非表示にしようとするとテーマが壊れます。また、非表示にするための情報提供も行わないように公式サイトで促されているため、情報がまったくありません。

そのため、開発元表示を消すには5,230円で購入しなければいけないので注意が必要です。

ソルティー
ソルティー

まぁ、それだけの労力がかかっているテーマですし、テーマ代と思えば安いかもしれませんね。

デザインがかなり安っぽい

Luxeritasのデザインはだいぶ質素に感じる部分が多いです。これは開発者本人も少し気にしている節がありますね。

ただ、デザイン面では勝てる気がしない。
いくつか子テーマが販売されており、子テーマの切り替えによるデザイン性などは、専門家が大人数集まって開発してる Genesis に勝てるわけがない。

Luxeritas 開発者がオススメする有料 WordPress テーマ – Thought is free(開発者のブログ)

Luxeritasにはデザインファイルと呼ばれる機能があり、公式ページで配布されているデザインを追加できます。

しかし、それも他のテーマに比べると見劣りする印象です。

Luxeritas Blockの位置
黒を基調としたデザインは、背景が変わるのでだいぶ雰囲気が変わる感がある。(使うかは別だけど…)
ソルティー
ソルティー

ブログっぽい見た目で良い!と割り切って使うのがベターですね。

初心者には使いこなすのは難しい

Luxeritasは多機能であるため、初心者の方には難しいでしょう。

初心者には見たこともないような用語が多い

3カラムや、SEO対策、こだわりの設定も可能なテーマは珍しいのは事実です。ですが、その分、設定が複雑で、聞いたことのない用語が多いです。

設定画面は基本的に作者のオススメ設定が適用されているので、そのまま使う分には問題ありませんが、他の項目が何をするために必要なのかは分かりにくいと感じるはずです。

ソルティー
ソルティー

このテーマを使いたいと思う人はプログラミング好きのコアな人というイメージが強いですね。

フルカスタマイズするのが難しい

Luxeritasをフルカスタマイズする際には、かなりの知識・技術が必要です。

元々、WordPressテーマはGPLライセンスが適用されていて、改変するのは自由になっています。そのため、テーマを基にし、新しいオリジナルのテーマを作成するのは日常的に起こっています。

しかし、Luxeritasは公式で変更できる箇所を指定しています。

公式で変更できるようにしている範囲
ルクセリタス カスタマイズ
  • スタイルシート(css)
  • Javascript
  • Heder(アクセス解析含む)
  • Footer
  • body(アクセス解析のみ)
  • function.php
  • AMP用 Bodyファイル
  • AMP用 スタイル
  • 投稿エディタのスタイル

上記以外のファイルももちろん変更できますが、Luxeritasは並大抵の知識では変更できません

他のテーマも同様ですが、よく分からないまま変更すると簡単に壊れるので、初心者は上記以外のファイルを触らないほうが良いでしょう。

ソルティー
ソルティー

Luxeritasはコードを使ったカスタマイズ事例も少ないため、自力でコードを理解できる人が使ったほうが良さそうです。

専用ブロックの数がちょっと少ない

Luxeritasに備わっている装飾は他のテーマと比べてちょっと少なめ。

文章の編集では、文字色を変えたり、マーカーを引いたりが可能。

Luxeritas Blocksでは、枠線ブロック、吹き出し、ブログカード、シンタックスハイライターが使えます。

用意されているものはこれだけなので、数が少なく、あとは独自に作っていくか、プラグインで追加するしかありません

コンテンツの見た目にこだわりたい場合は、よく検討しましょう。

ソルティー
ソルティー

まぁ、最低限の機能はありますので、それで良いというのであれば問題ありません。逆に昨今の有料テーマは使わない機能も多くなってきているので、シンプルで良いかも。

質問はコメントでの返信のみ

Luxeritasはユーザーサポートをほとんどしていません

質問メールは一切受付けません。
「質問・要望」は
最新リリース情報へコメントしてください。

ただし、ちょっと調べれば分かるレベルの
俗称「教えてクレクレ君」は承認しません。

プロフィール欄 – Luxeritas theme公式サイト

元々無料ブログですから、この辺りは有料テーマと比べると酷です。素晴らしいテーマを無償で配布してくれていることに感謝しつつ、どうしても分からないところはコメントで質問するようにしましょう。

ソルティー
ソルティー

それでもコメントで対応してくれるだけ良いなと思います。

Luxeritasの周りからの評判

では、Luxeritasは周りからどんな評価を受けているのか?を調べてみました。

良い評判

メリットとしては「速すぎる!」、「SEO対策がしっかりしてる」という内容が多いですね。

有料テーマよりもすごいのはヤバイよね。
使ってみて思う。速すぎるw
僕も無料テーマならこの2択をまず推す。
やっぱり速さが重視されたのはデカいですよね。

悪い評判

悪い評判は意外に少なかったです。内容は「機能が不具合起こしてる!」、「難しい…」という内容ですね。

エンジニアはよく使う機能なのに…。
アップデートで不具合起こす確率高いみたいですね。
やっぱり初心者には難しいよね…。
装飾使えないとさすがにシンプル過ぎるw

Luxeritasと他のテーマの比較

Luxeritasは他の有料テーマとどんな違いがあるのか?と思う方もいらっしゃると思うので、オススメのテーマとの比較をしてみましょう。

個人的主観になりますが、大体こんな感じになると思います。

比較項目LuxeritasCocoonSWELLEmanon Premium
デザインシンプル、質素シンプル、質素シンプル、スッキリシンプル、ビジネス
コンテンツ作成機能★★★☆☆★★★★★★★★★★★★★★★
設定のしやすさ★★☆☆☆★★★☆☆★★★★★★★★☆☆
ページ速度★★★★★★★★☆☆★★★★★★★★★☆
価格無料無料17,600円27,800円
SEO★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
機能性★★☆☆☆★★★★☆★★★☆☆★★★★★
拡張性★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★★★
用途ブログブログブログ企業サイト、メディアサイト、ブログ
サポートコメントフォーラムフォーラム
コミュニティ
メール対応ユーザーサポート
ソルティー
ソルティー

ページ速度とSEOに特化しすぎて、本当は星6つあげたいくらい!

LuxeritasとCocoonどっちが良い?

X(Twitter)で「Cocoonか、Luxeritasで良い」という意見が多く見られましたが、どちらを選べば良いのでしょうか?

それぞれの違いはたくさんあるんですが、ざっくりとピックアップするとこんな感じでしょうか。

設定内容LuxeritasCocoon
ブロックツールバー必要最低限なブロックしかなく、物足りないSWELLのように細かな設定はできないが、記事を書くには十分!
デザイン物足りないと感じたらCSSの知識は必要になってくる。ブロックで組み立てていくが、細かいところはCSSの知識が必要
設定ほとんどがSEOや、ユーザビリティに関わる設定多機能でデザインや、SEOまで多岐に渡る
読み込みスピード圧縮かけると簡単に100点になるテーマのみだと大体80〜95点
SEO設定構造化や、AMPなどSEOの設定に関わるものはほとんど可能テーマで設定。AMP・PWAは機能削除された

LuxeritasはSEOのみに特化しており、SEOに重点を置きたい場合はLuxeritasになるでしょう。

デザインや、その他の機能までこだわりたい場合はCocoonですね。

まとめ:速い、できる特化テーマ

オススメ度:
★★★☆☆
メリット
デメリット
  • 他のテーマよりも表示速度が速い
  • SEOの設定が多機能
  • 構造化もバッチリ
  • パターン登録でいろんな場所で呼び出せる
  • HTMLサイトマップを簡単に作れる
  • 3カラムページデザインが可能
  • AMP機能があり、さらなる高速化ができる
  • PWA機能があり、モバイルアプリ対応
  • role属性があり、サイトのユーザビリティが高い
  • 開発者表示を消すのにお金がかかる
  • デザインが安っぽい
  • 初心者には難しい用語が多い
  • コード編集は簡単にできない
  • 専用ブロックの数が少ない
  • 質問はコメントでしか返信してくれない。
ぱそらっく
ぱそらっく

速くてSEOに強い!しかも無料!ありがたいテーマやなぁ。

ソルティー
ソルティー

その点だけで言えば有料テーマより上ですね。

LuxeritasはSEO対策に並々ならぬこだわりが詰め込まれたテーマです。稼ぐということよりも、検索順位を何よりも重視するなら間違いなくオススメするテーマです。

SEOや、ページ表示速度だけで言えば有料テーマを凌駕します。ブログの熟練者ほど選ぶテーマかなと思います。

逆に言うと、それ以外は並です。ブログ初心者にはあまり向いていないですが、勉強するつもりで選ぶのもアリです。一度試しに入れてみてはいかがでしょうか?

もし、Luxeritasではなく、有料テーマも含めて検討中の方はWordPress有料テーマのオススメをご覧ください。